新型コロナウイルス感染症の対応について


標記の件につき、日本鍼灸師会より下記の通り通知がありました。

 新型コロナウイルス感染症に係る注意喚起について(第二報)

令和元年12 月、武漢市衛生健康委員会(Wuhan Municipal Health Commission)から 発表された武漢市における非定型肺炎の集団発生について、今年に入り世界的な感染拡大の兆しを見せており、世界保健機関(WHO)の緊急委員会は、1月31日未明(日本時間)、中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生状況が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC: Public Health Emergency of International Concern)」に該当すると発表しました。
当該感染症について、現時点では不確定な部分が多いことから、武漢市を含む湖北省に滞在歴があり、呼吸器症状を発症して鍼灸院等を来院した患者については、院内での感染対策が徹底されるよう貴会会員へ周知をお願いします。また「新型コロナウイルス感染症に対する対応と院内感染対策」(日鍼会会員用)を添付しています。
なお、当該感染症におきましては情報収集を継続中であり、新たな対応を行う場合には別途お知らせします。


※対応については下記リンクをクリックしてください。

新型コロナウイルス感染症の対応と院内感染対策